オカルトファクターのひとりごと
趣味の週末競馬を中心にいろいろと書いていきます。競馬は穴馬を高確率でGET!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有馬記念
かなりの久々になりましたが予想してみます。

まず、馬のランク(自力で勝ったと思われるクラス)ですが
G1→ 1.2.11
G2→ 10.12.13.14.15
G3→ 4

となっています。人気の3頭による馬連はグラスワンダーとスペシャルウィーク以来ないので、なかなか考えづらいところです。

HPコメントからは
1)5歳以下
 → 1.2.4.6.7.8.10.11.14.15
2)乗り替り
 → 5.9.15
3)2走前G2、前走G1の馬が1頭だけ連対
 → 1.2.4.6.9.10.11.14.16
4)4走前までに2400m以上で1馬身(0.2秒)以上差で勝利
 → 1.11

3つ該当するのは、キタサンブラックとサトノダイヤモンド。

キタサンブラックはこれまで1枠1番で4戦全勝ですが、3戦連続1番はあまりにも不自然です。
サトノダイヤモンドはオーナーがG1で2連勝中とこちらも不自然です。
もしかしたら、勝つのはほかの馬かもしれません。

2つ該当するのは、2.4.6.9.10.14.15。相手候補はこの7頭です。

2(ゴールドアクター)は、G1ランク馬ですので、この馬が連覇すれば大荒れの予感です。今年は「金」で終わるのでしょうか。
4(ヤマカツエース)は、キングマンボ系、中山金杯勝利ということで惑星になっています。前走金鯱賞勝ちで気にはなりますが、ランクが低いような気がします。
6(サウンズオブアース)は、強力な惑星ですが、前走JC2着は走りすぎなのか?少し心配です。ハーツクライがこのローテで勝っているので、押さえは必要かもしれません。
9(ヒットザターゲット)は、キングマンボ系なので買えないことはないですが、宝くじレベルでしょうか。
10(アドマイヤデウス)は、前走秋天6着がドリームジャーニーと同じで、JCをパスしてきたのでここ目標は明らかです。一発あるとすればこの馬かもしれません。
14(シュヴァルグラン)は、前走JC3着でヴィクトワールピサと同じですが、この馬の格がそこまでなのか、少し心配です。キャリアの少なさが魅力なので押さえまででしょうか。
15(アルバート)は、乗り替りと日経賞を使っていた点が気になりますが、日経賞上位組(2,6,14)がいますので、大穴ねらいなら、といったところでしょうか。押さえまででしょうか。

他では、牝馬2頭がいますが、前走エリザベス女王杯3着のミッキークイーンのほうが気になります。
これまで着外1回(JC8着)の馬なので、このローテで勝ったブエナビスタ、ダイワスカーレットに引けを取らない馬に成長するかもしれません。

以上、徒然と書いてしまいましたが、最後にまとめます。

単 2,8
馬連 1-8、4,6,10,14,15
    11-8,4,6,10,14,15

以上でいきたいと思います。

皆様のご健闘をお祈りいたします。


スポンサーサイト

東京優駿
忙しい日が続きますが、ダービーだけは参加したいので投稿します。

いつもの予想ですが、JRAホームページは本命示唆のようです。

1)中央4場での1800m以上重賞勝利
2)前走4人気以内
3)1~3番
4)乗替なし

すべて満たすのは 3 マカヒキ です。
枠番の条件を除くと、8、10、14が残ります。

馬券は

複勝 3
馬連 3,8,10,14 ボックス

でいきます。

ご健闘を。

謹賀新年
あけましておめでとうございます

昨年は少し予想に迷いがあったものの、穴馬の選定に関しては良い成果が得られたように思います。

今年も平場のオッズ予想とJRAHPを活用した重賞予想で勝っていきたいと思います。

本年もよろしくお願いいたします。

有馬記念
今年は菊花賞、天皇賞秋、エリザベス女王杯の勝ち馬が出揃った豪華な有馬記念です。意外かもしれませんが、ここ10年で見られなかった出来事です。
余力のない馬が人気を被って沈むこともあれば、「何で出てきたの?」という馬が馬券になったりするレースです。人気の盲点になった馬がおいしい着を拾っていく側面もあるという視点で予想したいものです。

■出走馬のランク(自力で勝ったと思われる重賞の最高位)
G1 = 4.8.15
G2 = 3.5.7.11.12
G3 = 10.13.14
OP = 2
ランク外 = 1.6.9.16

過去10年、優勝馬はG1ランク6頭、G2ランク1頭、G3ランク1頭、他2頭です。G1ランクは世代を代表する馬ばかりですが、他はヴィクトワールピサ、ドリームジャーニー、マツリダゴッホ、ハーツクライと当時マークされていなかった馬ばかりです。
2着馬はG1ランク1頭、G2ランク3頭、G3ランク1頭、他5頭、3着馬はG1ランク4頭、G2ランク5頭、G3ランク1頭、他0頭です。

いつもながら、G1ランク同士の馬連は買いません。有馬記念ではグラスワンダーとスペシャルウィークで決まった1999年以来発生していないので、来たら事故だと思ってあきらめたいと思います。
馬券はG1ランクと他ランクの組合せが中心になります。G3ランクは劣勢のようなので、G2ランクとランク外の馬からいかに穴馬をピックアップできるかが重要になります。自動的に中穴以上狙いになるので、多少買い目が多くなっても構わないと思います。

■JRAホームページであげられた3着以内に来る馬の条件
1) 前走4着以内
 → 3.4.6.7.10.11.12.13.16
2) 1~6番までの内枠
3) 通算出走回数20回以下
 → 5.6.7.8.9.11.12.13.16
4) 今年のG1、G2で3着以内実績
 → 2.3.4.5.6.7.9.11.12.13.14.15.16
5) 中山、阪神、中京のG1、G2で3着以内実績
 → 1.3.4.5.6.8.9.11.12.15.16

5つ全部を満たしたのは6.アルバートです。前走ステイヤーズS組は実績がないのですが買い目からは外せないと思います。
ほか4つ満たしたのは3.4.5.11.12.16です。前走JCで活躍したラストインパクトは割引ですが、他の馬にはチャンスありそうです。マリアライトは唯一の牝馬ですが、今年も牝馬の時代ですから無視できない存在になるかもしれません。
■中山実績のファクター
ファクター産業さんも指摘していますが、今年中山実績のある馬は軽視できません。当該年度の中山記念か日経賞で5着内に入った馬が、過去10年で6回(うち2回は2頭)馬券圏内に来ています。今年は5.アドマイヤデウス、9.サウンズオブアースの2頭が該当しますので要注意です。

■上位人気馬について
今年は、ゴールドシップとラブリーデイが大将格でしょうか。ラブリーディは往年のテイエムオペラオーのような勝ち方で、好調期間が長い馬のようです。大崩れはしないような気がしますが、前走負けてしまったのが少し心配です。3年連続3着になるかというゴールドシップとの3着争いをする姿が目に浮かびます。
6枠に入った人気2頭からは11.キタサンブラックを選択したいと思います。勝ってしまう可能性もあると思います。12.リアファルについては、昨年菊花賞惨敗した馬が2着に来たので断言はできませんが、菊花賞で惜しい競馬をした馬がここで活躍する姿が目に浮かびません。

■結論
以上から、重視したい馬は
5.アドマイヤデウス(G2ランク)
6.アルバート(ランク外)
9.サウンズオブアース(G2ランク)
11.キタサンブラック(G2ランク)*菊花賞は展開に恵まれたと考えました
の4頭です。2強からは4.ラブリーデイを選択し、牝馬2頭をおさえます。
ただし、G2ランク同士の馬連は考えづらいので、馬連は4.ラブリーデイと6.アルバートからいってみようと思います。

馬券は
単勝 11
複勝 06 05
馬連 04 = 05 06 09 11 13 16
   06 = 05 09 11 13 16
三連複 04 15 = 06 09 16 = 05 11

ご健闘を。

ジャパンカップ
この秋は本業がハードになり、投稿する余裕がありませんが、過去の予想ファクターを棚卸して知見を整理しているところです。

穴馬を抽出できるロジックはほぼ構築できたと思っていますが、むやみに穴狙いで組み合わせを増やすと購入点数が増えすぎるリスクを抱えることになるので、逆に本命馬を1点に絞れるロジックの整理を目指しています。

いま私は、複勝的中率60%以上、回収率105%以上となる軸馬を安定して出せる状態を目指していますが、完成度は7割くらい、といったところです。

ロジックを公開することはありませんが、うまくいけば軸馬を公開していくことができるかもしれません。楽しみにしておいてください。

さて、ジャパンカップですが、そのロジックの一部を使って日本馬を選定しました。
10 サウンズオブアース
11 ミッキークイーン
15 ショウナンパンドラ
17 アドマイヤデウス
の4頭に注目したいと思います。

どれか1頭は馬券になると思いますが、困った時の牝馬頼みでしょうか?

今年は外国馬が活躍するかもしれません。

牝馬2頭から外国馬に流す馬券はおさえたいと思います。

みなさんご健闘を。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。